忍者ブログ
出世する処世術をお教えします。
AdminRes
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今季限りでの辞任を表明した阪神・岡田彰布監督(50)は12日、今季レギュラーシーズン最終戦となった中日戦(スカイ)の試合前、南信男球団社長(53)と会談し、正式に辞任を申し入れた。球団側は慰留に努めたが、翻意させるのは不可能と判断。近日中に坂井信也オーナー(60)=阪神電鉄社長=が岡田監督と会談、意思を最終確認した上で後任の人選作業を本格化させる。

 緊急会談でも決意は変わらなかった。練習中の一塁側ロッカー内で開かれた話し合い。「勝てなくて申し訳ないです」と辞意を切り出した岡田監督に、翻意を迫った南球団社長。しかし、約30分間後にグラウンドへ出てきた虎の将は「慰留? そらあったけど、決めてることやから」と、さばさばした表情で話した。

 球団側はその場での了承を避けた。「きょうすぐに『分かった』と、軽々に収められる話じゃない。これからも話をしようと伝えた」と南球団社長。また、中日との今季最終戦を観戦した坂井オーナーも「近日中に(岡田監督と)会う。会って確認します」と、直接出馬を宣言した。だが、逆転続投の道を模索しているわけではなさそうだ。

 ある球団幹部は「信じられない」と、独断専行の辞意表明に裏切られたかのような表情を浮かべた。この日の話し合いも“一方通行”に終始した模様だ。近く開かれる頂上会談も、幕引きのセレモニーとなりそうだ。

 坂井オーナーは、慰留が失敗に終わったケースについて「星野SDの助言? 話を聞きます。OBの方、吉田義男さん(元監督)などの意見も聞いて、私が決めないと」と、自らが陣頭指揮を執ることを明言した。歴代監督経験者の意見を重要な判断材料にすることからも、後任はOBもしくは内部昇格が有力だ。

 別の球団幹部は、次期監督の人選について「可及的速やかにやる」と明言した。今後はOBの真弓明信氏(野球評論家)、田淵幸一氏(同)、平田勝男2軍監督、木戸克彦1軍作戦兼バッテリーコーチらを候補に、OBからの直接ヒアリングを経て、オーナー自らがポスト岡田を指名する。




わがままファッション ブランド編
PR

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
フリーエリア
カテゴリー